治せる脱毛症

AGAは治すことができる脱毛症です

AGAという名前は、とても知名度が上がりました。これは、テレビコマーシャ等でこの言葉がよく出てくるようになったからです。 以前は、AGAのことを男性型脱毛症と呼んでいましたが、これには髪の毛の抜け方に特徴があることが知られていました。それは、額からM字状に脱毛が進行して行くタイプと、頭頂部が薄毛になっていくタイプに分けることができるのです。 ですから、額や頭頂部の髪の毛がよく抜けるのであれば、AGAの可能性があります。でも、安心してください。AGAは治すことができる脱毛症です。ですから、AGAで悩む前に病院に行きましょう。病院に行って診断がつけば、直ちにフィナステリド製剤等の治療薬を処方してもらえます。

治療薬の作用機序について

それでは、AGA治療薬の作用機序について簡単に説明します。まず、AGAの原因物質が、テストステロンという男性ホルモンからできたジヒドロテストステロンであることを覚えておいてください。そして、ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼと名付けられた酵素によってできるのです。 ちなみに、ジヒドロテストステロンは、髪の毛の発毛と育毛を司る毛母細胞にダメージを与え、髪の毛が抜けて行ってしまうのです。 ですから、このジヒドロテストステロンの量を抑えることで、脱毛症を防ぐことができるのです。そのために、5αリダクターゼを阻害する作用があるフィナステリド製剤が、AGA治療薬として用いられるようになったのです。そして今では、個人輸入代行サイトからでも入手できるようになりました。